ニュース
NEWS
株式会社TMS 

「コロナ禍前後での恋愛・結婚活動に変化」に関するアンケート調査

コロナ禍においての小休止。
2年ぶりに友達や恋人と会われた方も多く、少し気を許せる年末年始休暇になったのではないでしょうか?
グループ会社である株式会社TMS(全国結婚相談事業者連盟)では、コロナウイルス感染拡大前後での恋愛・結婚活動に変化があったかを調べるため、婚活を行っている男女を対象に、「コロナ禍での恋愛・婚活アンケート」を実施いたしました。

コロナ禍により、3高条件に変化!結婚相手に求める条件とは?

【調査結果サマリー】
・コロナで結婚への気持ちが高まった方は33%
・コロナでお相手に求める条件に変化があった方は22%
・緊急事態宣言下においては約2割の方がオンラインデートを活用
※本アンケート結果をご使用される際、「引用:全国結婚相談事業者連盟(TMS)(https://www.nakoudonet.com/)」と明記ください。

コロナで結婚したい気持ちが高まった方は約3割

結婚に対する意識変化のグラフ

コロナ禍による外出制限により、結婚への意欲が下がることも予想されましたが、「コロナ禍で婚活に対する意識に変化はありましたか?」という質問に、「結婚したい気持ちが高まった」と回答した方が約3割と、「結婚への意識が下がった」と回答した方の約5倍の結果となりました。

お相手に求める条件の変化については、約2割の方が「変化があった」と回答

結婚相手に求める条件のグラフ

「コロナ禍で結婚相手に求める条件に変化はありましたか?」という質問に対し、「変化があった」と回答した方は約2割の結果となりました。コロナ禍は、結婚相手に求める条件を見つめなおすきっかけとなったことが見受けられます。

コロナ前に重視していた条件、コロナ後に重視するようになった条件を調査

結婚相手に求める条件に「変化があった」と答えた方に対して、コロナ前に重視していた条件、コロナ後に重視するようになった条件について男女別に調査しました。

結婚相手に求める条件の変化(男性) 結婚相手に求める条件の変化(男性)のグラフ

男性では、「一緒に過ごす時間の居心地の良さ」「自分と同じ価値観である」でランキングはかわりませんでしたが、コロナ後は、「一緒に過ごす時間の居心地の良さ」のポイントがアップしています。
3位以降では変化がみられ、コロナ前では3位の「容姿・センス」がコロナ後においてはポイントを落としランク外に。コロナ前は5位の「健康である」が3位にランクアップしました。「自分の家族を大切にしてくれる」という項目も5位にランクインし、コロナ禍を経て、 見た目の印象よりも、実際に家族を築くための本質的なものを大切にしようという方が増えたのではと感じられる結果になりました。

結婚相手に求める条件の変化(女性) 結婚相手に求める条件の変化(女性)のグラフ

女性では、これまで不動の1位であった女性がお相手に求める条件「安定した収入・職業である」がコロナ後で2位に後退しました。しかし、「安定した収入・職業である」のポイント数に変化はなかったため、「一緒に過ごす時間の居心地の良さ」を大切にする人が増えたということが見て取れます。健康である、自分の家族を大切にしてくれる等も高いポイントとなっており、一方で3高の一つであった「学歴」はポイントを大きく落としている結果から、「名をとるより実をとれ」という傾向が感じられました。

交際時、緊急事態宣言中に会う頻度、緊急事態宣言後に会う頻度を調査

緊急事態宣言中に会う頻度のグラフ 緊急事態宣言後に会う頻度のグラフ

緊急事態宣言中にくらべ、宣言があけると週1以上会う方が63%に増加。積極的に会う機会を増やしている様子が見受けられます。 ただ、宣言中においても約半数の方が週一以上会う機会をもっておられるという調査結果に。お相手をよく知り、結婚へと進んでいくためにはこれくらいの頻度であうことが大切なのかもしれません。 皆様デート方法については工夫を重ねておられ、約20%の方がオンラインデートを活用したと回答。 真剣にお相手と向き合っていくなかで柔軟に対応されている様子が見受けられました。

皆様の婚活を心より応援しております。

- 調査概要 -
調査日:2021年11月25日~12月26日
調査方法:アンケートメール送付による任意回答
調査人数:1,464人
調査対象の性別:男性:899人、女性:564人
調査対象の年齢:20代:107人、30代:539人、40代:517人、50代以上:300人

株式会社TMS(全国結婚相談事業者連盟)公式HP

SHARE